「防長回天史を読む 第一篇~第五編上 まで」 第五編上・第八章 長薩和解の端緒  を掲載中です。

「防長回天史を読む 第一篇~第五編上 まで」 第五編上・第八章 長薩和解の端緒  を掲載中です。 防長回天史を読む 第一篇~第五編上 まで」は、 「Bing」の検索画面から   「資料の歴史の流れ・防長回天史を読む」か、又は、こちらから、見られます。 第八章 長薩和解の端緒  https://kyotoshiry…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策219-6 建仁寺の全貌 6

京都史蹟散策219-6 建仁寺の全貌 6 建仁寺(けんにんじ) 【位置】東山区大和大路四条下る四丁目小松町 【交通】京阪本線・祇園四条、徒歩7分。 阪急京都本線・京都河原町、徒歩10分。 市バス・祇園、又は、東山安井から徒歩、約5分。 ● 田村月樵 遺愛の大硯 【位置】 方丈内の西側から矢印に沿って行く。 …
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策219-5 建仁寺の全貌 5

京都史蹟散策219-5 建仁寺の全貌 5 建仁寺(けんにんじ) 【位置】東山区大和大路四条下る四丁目小松町 【交通】京阪本線・祇園四条、徒歩7分。 阪急京都本線・京都河原町、徒歩10分。 市バス・祇園、又は、東山安井から徒歩、約5分。 ● 唐子の間 【位置】 唐子遊戯図 田村 月樵 (たむら げっ…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策221-2 特別公開 旧富岡鉄斎邸の全貌(仮称・文化と産業の交流拠点)

京都史蹟散策61 富岡鉄斎邸跡 の追記に該当します。 【位置】上京区室町通り一条下る薬屋町 【交通】地下鉄・烏丸線「今出川駅」     6番出口より徒歩、約7分 日時・2024年5月17日(金)14時~16時        5月18日(土)10時~13時            以降、今後は未定との事。 続きです・…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策219-4 建仁寺の全貌 4

建仁寺(けんにんじ) 【位置】東山区大和大路四条下る四丁目小松町 【交通】京阪本線・祇園四条、徒歩7分。 阪急京都本線・京都河原町、徒歩10分。 市バス・祇園、又は、東山安井から徒歩、約5分。 ◆方丈内・上間一之間(衣鉢の間) 位置 重文 琴棋書画図襖(きんきしょがずふすま) 海北 友松 筆 説明…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策219-3 建仁寺の全貌 3

建仁寺(けんにんじ) 【位置】東山区大和大路四条下る四丁目小松町 【交通】京阪本線・祇園四条、徒歩7分。 阪急京都本線・京都河原町、徒歩10分。 市バス・祇園、又は、東山安井から徒歩、約5分。 ◆方丈・花鳥図襖 重文 海北友松 筆 位置 方丈内は、常時公開、撮影可。 展示襖は、高精細複製品。 …
コメント:0

続きを読むread more

京都史跡散策220 明治期の浮世絵・山本昇雲の世界「今すがた」

明治期の浮世絵 「いま姿」 全48点 昇雲 [画] (松木平吉、1906-1909) (著作権満了のものを掲載。) 山本昇雲(やまもとしょううん) 明治3年(1870)~昭和40年(1965) 浮世絵師、日本画家、 石版画家。本名茂三郎。別号松谷。 滝和亭に師事。 報道画家として口絵や挿絵を制作する一方、文展に・…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策219-2 建仁寺の全貌 2

建仁寺(けんにんじ) 【位置】東山区大和大路四条下る四丁目小松町 【交通】京阪本線・祇園四条、徒歩7分。 阪急京都本線・京都河原町、徒歩10分。 市バス・祇園、又は、東山安井から徒歩、約5分。 ◆ 桑の碑 位置 説明板 説明板によると、 桑の碑 開山栄西禅師は平安時代末期、二度にわたって入…
コメント:0

続きを読むread more

京都史蹟散策219-1 建仁寺の全貌 1

建仁寺の全貌、 その前に、臨済宗とは中国禅宗五家のひとつで、唐の臨済義玄(りんざい ぎげん)(没867年)が宗祖で、その家風は「喝」(かつ)を多用する峻烈な禅風で、その激しさから「臨済将軍」とも、喩えられました。 臨済宗、イ仰宗(いぎょうしゅう)、 曹洞宗(そうとうしゅう)、 雲門宗(うんもんしゅう・宋代には隆盛を極める)、 …
コメント:0

続きを読むread more